勝手兼好〜開演前

11月15日 勝手兼好2(三遊亭兼好独演会) 於動楽亭

4年ぶりだそうです。(勝手兼好1からでしょうね)
そうですよね、そんなの最近あったら行ってるもんなぁ。
先月二人会で観たところだし、月イチで観られるなんてうれしいなぁ。
さらに本日は三席たっぷりでうれしい限り。

しかし、動楽亭、何度も来てます。来てますが、開場時間より前に来たのは初めて。
もう夜はうすら寒。(→季語笑)
なんだかぼんやり集まっているので私も集まってみました。
「どんな順に並んでるんですか?」とも尋ねたりせず。
特に、係が出てきて整理するでもなく。
ただ、ほんとうにぼんやり集まっている感じ。
開場時間になると、人がひとり出てきて名簿的なものを持って
「整理番号○番の方〜」と呼び出し入場。
この際、特に名前を確認したりもなく…
それなら最初から順番に並んでもらえばいいのに…
開場時間になったらすっと入場するようにすればいいのに…
うすら寒くてこれだからめっちゃ寒いとかめっちゃ暑いとかイライラするのでは。
私なら、します。
他の会に来たことない(たまちゃんの時にはいつも開場後なので)けど
これで、みなさん文句はないのかな。
この感じのうっすらとしたイラッと感は会の間、終始感じました。
会場の温度が暑すぎるだとか、客席に通路が作られてないのに仲入に主催者が客席を移動。
移動しながら「始まったら携帯電話の電源は切ってくだ〜い」との注意とか。
なんだかイラッとする。
初めて行ったのに、もう、できれば、ここ主催のは行きたくないなと思いましたが、
残念ながら兼好さん始めええ人呼んでくるんですよね。ジレンマ。
兼好さんだけ行こうかな。一之輔とか三三さんとかは他でも来るし。笑
あー白酒さんかぁ。笑 一度、観てみたいなぁ。笑

他の主催の会に行って初めて気付くのですが、この辺のイラッと感、
たまちゃんの会では皆無です。
会場の温度は前座さんが必ず高座で聞いてくれるし、携帯の注意もします。
もしくは、前説でします。
温度確認はたまちゃんも客席観て聞いてくれます。
動楽亭でも客席に通路的なものはあるので、お客さんの移動もスムースです。

そう、最初から最後まで落語に集中できるようになってるんですよね。
落語以外の事で気分悪くなるような事はありません。
これは当たり前のようで、実はすごいことなんだな、と他の会に行くと気付く。
いつもいつもありがとうございます。

文句多過ぎ。笑

肝心のお噺は…文句とは分けて書く。笑

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-15 22:22 | 落語

ひらかた亭

11月11日(土)ひらかた亭〜桂南天・笑福亭たま二人会 於蹉跎生涯学習市民センター3階ホール

・桂弥っこ つる
・南天 青菜
・たま 憧れの人間国宝
・南天 代書
仲入
・たま 鰍沢

これ、最初行くって言ってた人が後からの約束を取ったので(地味に怒ってる)
代わりの人探すの大変で。
一応、枚方市民をキープはしてたのですが、この枚方市民は学研都市線の方なので
京阪沿線、逆に不便だそうで…そんな人を引っ張り出すのも悪いし…ほんとに、もう。
結局、大阪市民と一緒に。笑

地味に間違いつつ、到着しました。笑

弥っこさんのつる。
つるぅ〜このお噺は大好きというか、たぶん、初めて聴いた落語ではないかと記憶。
テレビだと思いますが。
なので、あの頃の気持ちがいまでも蘇る。笑
「つ〜ってきて、るぅ〜やん!!!なんでこんな簡単なことが出来へんねん!」と
幼心にイラついた。笑 なので、何度聴いても楽しい。やはり、いらつく。たのしく。笑

南天さん青菜!先取りって。笑
このお噺も大好きです。やはり、いいなぁ。

たまちゃん憧れの人間国宝。
これ、たぶん、初めて聴くんですよね。やったぁ〜聴けて良かった。笑
CDになってますがまぁ生で聴くのとは全然違いますよね、当たり前。
CDにはなかったモノマネは恐れ多くて笑えませんでしたが。笑
たのしい。笑

南天さん代書
ほうほう、枝雀〜南光〜南天とそのまま受け継いでる訳ではないのですね
私は枝雀さんのだけで南光さんのを聴いたことないですが。
生年月日、言う派でした。笑
代書もいろんな人で聴きますが、みなさんそれぞれに違ってておもしろいです。

たまちゃん鰍沢。南天さんの夏のお噺とこれが冬なので間で秋って、それは無理。笑
これは松山でやったのと同じ。わかりやすくて良いです。
いつのまにか熊汁が猪とごぼうの汁になってさらに美味しそうになってるし
絶対に味噌味。笑
わかってるのに毎回、毒消しの行方にドキドキします。笑

で、お客さんの笑い声がどんどん大きくまろやかになっていくのがわかりました。
一年ぶりなので始めは探り探りで、どんどん慣れていく。
たまちゃんもまくらで言ってましたがこの辺の人みんな来てるんちゃうかと
本当にそんな感じで。
なんか、松山もそうでしたが、そういうのが本当の姿なのかもなぁと思いました。
年に何回かやってくるのをご近所で連れもって観に行って
面白かったな、またいこな、って、ええなぁ。
…松山移住しよかな。

とはいえ。笑
大阪生まれの大阪育ち、というか、おけいはん育ち。笑
前は萱島と大和田の間に住んでいて、でも、萱島より先はもう京都しか行ったことない感じでした。笑
萱島→寝屋川→香里園→光善寺だったのですね、近いやん。笑
寝屋川ですらめちゃ遠い感じがしてたのですが…笑

久しぶりのおけいはん、しかも準急なのでいろいろ止まる。懐かしい!
なので友人にいろいろ説明。笑
萱島の駅には木が生えてる。切ろうと思っても切られへんかったので(呪い系笑)
仕方なく木を残してホームを作った。なのでホームを突っ切って木が生えてる。
木の傍(駅の下)には神社があって、この木がご神木とかいう情報から
土居〜滝井間の距離の短いこと、実家は駅からめちゃ遠いので自転車で行けるとこが最寄り駅とすると
最寄り駅は7つくらいあることなど、いろいろと話ながら乗る電車も楽しかったです。

それにしても最近の京阪は格好いいです。
あの青いやつが特に格好いいです。
シートは黒だし。中之島線かなぁ。中之島線は駅も格好良いしなぁ。
いつかプレミアムカーに乗りたいのですが、ついあると洛楽に乗ってしまう。笑

今住んでる所から京都へは阪急のが便利なのですが、やはり、京阪乗りたくなってしまいますね。

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-11 22:22 | 落語

パワー

11月6日 たまのパワーアップ落語会 於動楽亭

・五秒根問
・月亭秀都 桃太郎
・露の瑞 ん廻し
・月亭天使 七段目
・トーク(後輩と・先輩と)
・たま 永遠に美しく
仲入
・林家菊丸 掛け取り
・たま 土橋萬歳

松山、経費で行ける〜と喜んでましたが、月曜まで松山に居るとこれに
間に合わないのでは?と思ってましたが…案の定。
いや、飛行機はなぜか定刻より早く出発し(そんなことあるんですね!)
定刻より早く着いたのですが、空港から天王寺までのバスが渋滞。
30分くらいで着くところ50分かかり、初めての遅刻…桃太郎の途中からで
五秒根問を聞き逃しました。なんだか落語より大事なのは「愛」と答えたとか…
そんなこと言う人だったのだな、とびっくりしました。(tweet拾いました笑)
それ英語の「I(アイ)」では?笑

なので感想は「ん廻し」から。
これは登場人物が不特定ではなく、特定されてました。笑
楽しく仕上がってましたよ、女子ならでは。

天使さんは何度も観ているのですが、毎回、着物の襟合わせがものすごく気になる。
これ、本当にダメだと自分でも思うのですが、気になってちゃんと噺、聴いてない感じ。笑
女性の噺家さんって本当にキッチリ着物を着てると思うのです。
思い出しても都さんあやめさん二葉ちゃん紫さん瑞ちゃんもみなさん本当にキッチリ着てる。
天使さんもキッチリ着てるのですが、襟合わせの角度が深い?のです。
だいたい90度〜70度くらいで普通は着るのです、一般女性の場合。
舞妓さんとかは90度くらいですかね。若いとそんな感じで年配の方はちょっと深くなる。
あと、新地のママとか。笑
天使さん20度くらいしかないんですよ。
もうめっちゃ気になるんです。笑 以上。笑

菊丸さん、掛け取り。
おお、たまちゃんじゃないのも聴ける。
なるほど、こういう感じか。

で、永遠に美しくはたぶんもうめっちゃ昔に聴いたんだろうなぁ。忘れてる。
まぁ下ネタかな。笑 あんまり記憶に残ってない…オチも忘れた。笑
というのも
土橋萬歳に頭を使ったので。
これは全く初めて聴くお噺でした。
ちょっと衝撃。
いや、若旦那の言うことがもっともやなぁと。感心。笑
だいたい放蕩若旦那ってちょっとぼんやりしてて憎めない感じですが
ここに出てくる若旦那、賢い。笑
番頭に普段はチヤホヤしてても命かけてまで守ってくれへん。と諭されても
「そんなん当たり前や」と。
理屈ももっともやなぁ。と。
これ、そのまま、たまちゃんの心の叫びに聞こえました。
いつも言ってる噺家とお客さんはその時だけの関係で。笑
落語喋ってる時と聴いてる時は同じ空間にいて同じ時間を共有して
一緒に作ってるけど、それ終わったら後はそれぞれ。ってことですよね。
高座に上がってるその間はどんなことでもやるけど、
さすがにお客さんひとりひとりに命差し出すことは出来へん。
と、若旦那ではなく、たまちゃんが叫んでるようでした。
で、さも正しそうに説教する番頭みたいな人も居るしなぁ。
番頭さんは番頭さんで正義があるので、相容れないよね。
「気分悪い」って感想もTwitterで沢山観ましたが、私はもっと気分悪い「鼠穴」を知ってるし笑
これは若旦那ごもっともやと感心したくらいなので、ねぇ。
ん?なんか私の受け取り方は違っているのかな?知らんけど。笑

たまちゃんよくこういう事言うのですが言われる度に「私に言ってる?」と反省します。
いや、めっちゃ気を付けてるとは思うのですが、こちらがそう思ってても相手にそのまま
伝わるのかはまた別ですから。
私は高座終われば後腐れの無い大人の関係だと思ってるんですけどね…。笑
昼席で写真撮って貰うのももうやめるし。笑
つーか、観たことないんですよ「たまさ〜ん、写真撮って〜」とか言ってる人を。
なので、私が観たことないってことは、私なのか?と思ってしまうのです。笑
こじらせてますか?笑

で、夢オチ。
これも鼠穴と一緒。
だけど、鼠穴は全然スッキリしなかった。
いつまでも気分悪いまま。夢って言われてもなぁって感じ。

…何が違うのかと考えた結果…演者?笑
芸は人なり、ですからねぇ。
この鼠穴をやった人は二度と観ないと決めたのですが、うっかり今度観ることに。
私のこの嫌な感じを払拭できるのか、さらに上塗りするのか、見極めたいと思います。
ただ、これでやっぱりダメならたとえ、たまちゃんと一緒だったとしてももう二度と観ない。

土橋萬歳、確かに萬歳どっか行きましたが、わかりにくいオチなので(ググった)
たまちゃんのオチのが私は好きです。

そして、私は極めて口は堅い方ですが、お寿司に茶わん蒸し付けられたら
ベラベラ喋ります。笑

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-06 22:22 | 落語

松山5

さ、松山最終日。
こちらはお仕事となっておりますが、社長が来るまでは自由時間。
この前行って気に入ったスリーフィッシュコーヒーのモーニング食べよ。
ということで、たまごサンドを。
これ結構なボリュームでさすがに完食出来ず。
申し訳ないと思いながら持って行くと(セルフ?)
「お包みしましょうか?」
おお!久しぶりに聞く!これ、一昔前までは大阪でも言われたんですけど
持ち帰ってからの管理により、食中毒なんかになったら困るので最近は
こちらがお願いしても持ち帰ることが出来なくなってるのがほとんど。
旅人のままなら是非そうしてもらうのですが、もうビジネスウーマンなので…
「いえ、すいません、美味しかったです、美味しかったんですけどお腹いっぱいで…」と
必死に言い訳してお店を後にしました。
ここのコーヒー美味しいんでお気に入り。たまごサンドとも合うし。

松山でも毎日コーヒーは飲みましたが「フレンチプレス」が多いです。
私、たぶん、フレンチプレス好きなんだな。
今はないけど、繁昌亭横のワーズカフェでも出してて好きだったもんなぁ。

で、お仕事。
お仕事はまぁ、楽しい。
みなさん、やさしい。
わざわざ来てくれたということでかはわかりませんが
今まで私が手がけたデザインの商品を集めてくれて帰りに持たせてくれました。
四国限定なので、ありがたいです!

あとは飛行機の時間まで自由です。
社長に松山城で鎧着られるというと食いついてきたのですが
「もう観たし」と一蹴してやりました。笑
なんか近場で観るとこないかなぁと、あ!伊丹十三記念館は?というと
これまた食いついてきたので、向かいました。
車がないと行きにくい場所なので、良かったです。(レンタカー社長が運転笑)
お洒落な建物で、素敵な展示。
行って良かった。
宮本信子さんがあと3日後くらいに来館だそうで、残念、逢いたかった夏ばっばと鈴子さんに。
「カフェにも展示があります、カフェの利用がなくても入って観て下さい」と
受付で言われたので、観ました。
カフェの店員さんなかなかええ感じやなぁと思っていたのですが、後で聞くと
私の友人の知り合いらしく…世間というか、愛媛は狭い。笑

ここを観てると飛行機の時間に。あらあら、あっという間でした。
飛行機出発遅れたら大阪でのたまちゃんの会に遅れるなぁと思っていたのですが
定刻より早い出発…もう松山が「はよ帰れ」と言ってるのかと思いました。笑
なので、定刻より早く着いたのですが…
「モノレールやろ?」
「ん?これから落語会行くからリムジンバス」
「え?めっちゃタフやな。つーか追っかけやん」
「追っかけかなぁ…いやいや、落語なんか座って聴くだけやから体力とか要らんやん!」
だいたい、旅行中も普段より自由にリラックスして(仕事も家事もせず)暮らしてたから
体力なんかあり余っとる。笑
飛行機が早かったのにバスが渋滞で落語会には遅れてしまいましたが、ネタおろしには
バッチリ間に合ったので良かったです。
ガラガラ声もほぼ元通りでしたし(ここは松山の人たち残念)良かったです。

そんなこんなで毎日自由なのに、旅ではさらに自由を感じました。
人間はどこまでも自由になれるのだな、と思いました。笑
ただ、それもこれも、帰る場所があっての事だとちゃんとわかってます。
旅と放浪は違いますからね。

何度目かの松山にしてやっと「大街道が一番便利」と気付きました。笑
次からこの辺に泊まる。笑

しかし、本当に出逢う人みんないい人で不快な思いなんかしなかったこの3泊4日。
楽しかったなぁ。
住んでもいいな。笑
相変わらず友は「割烹の女将になる気はない?」と聞いてくるし。
いやいや、それなら、今回でセッティングしとかな!笑
松山の会と、あと、枚方の会を体験するとああ落語ってこういうのが本来の姿なのかもと思いました。
年に何回かの会にご近所こぞって、みんな楽しみに観に行く。
近しい人たちと同じ空間でわははって笑う。
で帰り道に「また行こうな〜」って言う。
ちょっとだけね、松山に住んで年に何回かのたまちゃんの会を楽しみに
日々暮らしていくのもいいんじゃないのかなぁと思いました。
毎日温泉に浸かってお肌つるつるで。笑
美味しいお寿司とお野菜と果物(せとかor甘平)食べて。笑
山ほどいる句友と句会しまくったり、吟行しまくったり。
それはとてもしあわせだなぁ。
あと、あの電車を乗りこなせれば…笑

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-06 22:22 | 特別

松山4〜俳句

はい、とうとう、もうひとつのイベント
俳句対局ですよ〜

と、その前に、鍋焼きうどんを朝ご飯にして、スリーフィッシュコーヒーで
コーヒー飲んで、ブックマルシェという古本市に行って本も購入して
向かいました!
ブックマルシェもゆっくり観たかった〜

この旅はここから始まったと言ってもいいくらい。
俳句対局面白くて斑鳩で行われた予選を真夏に観に行ったのですが
それの決勝なのです。

で、入場は無料なのですが整理券が必要で、もちろん、応募もしてなかったのですが。
九州の句友から連絡があり「当たったので誰か行きませんか?」
なん茶ってのメンバーに一応聴いてみましたが、誰もおらず…
つーか5日の前の日の4日はたまちゃんが松山で独演会だしなぁ。
3連休だしたなぁ、いつも松山行くけど、子規博の周り(道後)しか行ったことないし
この機会に観光もゆっくりしてみようかなぁと「私が行きます」と名乗りをあげたのでした。

で、句友ともほぼ一年ぶりの再会。
会場は昨日と同じ市民会館ですが大ホール、キャパは1700人!笑
広い!遠い!笑

俳句対局の前に組長、フジモン、フルポン村上の対談があります。
村上好きなので、こちらも楽しみ。
村上は自分のことを天才肌といいながらめっちゃ気弱で、楽しい。笑
私の好きなマスクの句も出てきて、

テーブルに君の丸みのマスクかな 村上健志

フジモン:これ、彼女とか居ないんですよ、想像で作ってるんですよ、気持ち悪くないですか?
村上:だいたい、詩人とか俳人とか気持ち悪いもんでしょう!

いきなり核心を突いてきました。笑
で、村上の名言が!
「俳句を始めてから見える色が一個増えた」

トークもたっぷりで楽しく、いよいよ休憩後は俳句対局!

で、休憩の時に飲み物買おうとロビーに出たら元気な男の子が居て、ご機嫌なご様子だったので
「楽しかった?」「めっちゃ楽しい!」「俳句好きなん?」「好き!天ももらった」
「え?そうなん?」「だいおういかの!」「ん?なんか知ってるぞ、俳句ポスト?」
と、ここでお父さんが「ラジオのです」「ああ!一句一遊か!」
これが有名なたくみくんでした。めっちゃ可愛くて元気いっぱいの男の子でした〜
おにいちゃんのけいごくんとおかあさまにも逢いたかったなぁ。
あとは緑の手さんとそのお友達(すみません、お名前が)そして同じくロビーでめっちゃ目立ってた
洒落神戸さんを声もかけずに眺めておりました。笑
あと、開演前にうろうろしてた正人やんにも挨拶し(呼びつけた笑)もちろん宿を譲ってくれた更紗さんにも
御挨拶、ありがとうございます。
終演後には恋衣さんとお茶を飲んで、たくさんの句友の方々にも逢えて楽しい休憩でした!

俳句対局はね〜もうこれは面白いです。
自分でやれといわれたら絶対にいやですが見てるのは楽しい。
2分で一句、しかも相手の詠んだ句の中から言葉を引き継いで作るのですから
相当の手練れでないと無理です。
でも、本当に見てる分にはめっちゃ楽しい。
その場で素敵な俳句が生まれる瞬間に立ち会えるのですから!
あとはね〜審査員の方々も面白い!
さすがに言葉を操るだけのことはあります。

一番楽しかったのは二回戦、岡田由季さんの俳句

ブラジャーを月の光に当ててをり 岡田由季

に対する評
坊城先生と岸本先生との会話、どっちがどっちかは失念、すみません。

・これは着けてるのと外してるのとどっちだと思いますか?
・外してる方がいいでしょう
・そうですね!
・横にマスクも置いてあったりして
・違う色が見えてきますね

なんて。笑

楽しいですよね〜
優勝は岡田由季さん。
副賞は紅まどんな(みかん)詰め合わせ。

いいなぁ。
俳句甲子園もまる裏も楽しいのですが、俳句対局はもう頂上決戦なので
名句が生まれる瞬間を体験できるのがなによりスリリングでいいです!

一度、仲間でやってみたいとも思いますが、2分で一句…

たくさんの句友の方々にも逢えたし、楽しいイベントでした!

それからお土産買いに道後へ。笑
もうすっかり伊予鉄フリーパスを使いこなしている私なのでした。(うそ)
お昼に食べたかったけど時間かかるって言われてあきらめた
ハンバーガーを食べました、道後で。笑
で、蜷川実花ちゃんのライトアップも観て、お土産抱えてホテルへ帰りました。
旅はもう終わりです。
明日はお仕事です。

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-05 22:22 | 俳句

松山3

落語会夜の部には松山在住の友人を誘いました。
もちろん、落語は初めて。
楽しんでもらえたみたいで良かった!
そりゃそうですよね、大阪でも大喜びですよ。笑

で、本当に10年以上逢ってなかったのですが
元気そうで変わってなくて良かった。

彼女との出逢いも不思議で…笑
私が陶芸を習ってた時に先生が頼まれた講演を
なぜか私に振り(先生、苦手だったのでしょうね笑)
「陶芸とデザイン」について40分くらい喋った時の
受講生が彼女。公民館の一室の小さい講義。
終わった後にすぐさま私に話しかけてきた。笑
で、「先生(私のこと)何座ですか?」と星座を尋ねられたのを
めちゃ覚えてます。笑

今回も「月の星座あるやん」「うん」「何座?
変わらんなぁ。
私は今は占い、全く興味ないですが。

で、彼女は車で来てて、どこでご飯食べようか?となり
彼女のお姉さまの働くイタリアンへ。

出逢いはそんな感じだったのですが、彼女は実はピアニストです。
私が出逢った時には普通の仕事もしつつ、夜、ピアニストとしてお店で弾いてたり。
私が歌うのも知ってたのですが、実際に聴いたことなく。先日の奈良のライブの動画があったので聴いてもらうと
第一声が「蠍座や!」笑
私の月の星座が蠍座なのですが、そんな感じ全然せんなぁ
と言ってたのです。
歌ってる時にだけ蠍座のエロさを発揮するようです。笑
「えー全然声ちゃう!喋ってる時と全然ちゃう!」
まぁこれもよく言われます。
普段はだらけて喋ってるからかなぁ。
電話とかではちゃんと話しますが。
彼女も三年くらいシャンソンの伴奏をしてたらしく
いつでも弾くで、と。

色々話してて、帰ろうとなったときにお店の人に
「ここ、どこ?ホテルまでどれくらいかかるかな?」
「ホテルどこ?」
「○○」
「きゃきゃきゃ!歩いて10秒!
面白いからタクシー乗って言うてみて!」
「いやや」
店主は30代くらいの可愛い女の子で
「大阪に八年くらい居たんです」
「そうなんや!」
「JRAのとこの専門学校に行ってて」
「上田安子?」
「違います、○○です」
「え?一緒やな。めっちゃ後輩やな!」
「先輩!」
こんな所で逢うとは。笑
大阪でも逢うたことないのに。笑

そんなこんなで別れ際…
「あれやんね、楽譜送ったら練習してくれるよね?」
「するする」
「ライブはあれやけど、CD創ろうかな」
「いいレコーディングスタジオ知ってる!」
「そうなんや!じゃ曲ピックアップするわ!」
と、いとも簡単にCD創ることに決まりました。笑

40代の目標がみっつあり、本を出す、CDを出す
陶芸再開だったのですが、陶芸は諦めてたので
あとのふたつ、句集付きのCD出すことで一気に達成
できますよね。

頑張ろっと。笑

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-04 23:11 | 特別

独演会

11月4日土 笑福亭たま愛媛松山独演会 於松山市民会館小ホール
夜の部
・オープニングトーク
・大智 寄合酒
・たま たいこ腹
・たま 鰍沢
仲入
・大智 南京玉すだれ
・たま 千客万来

夜の部はそうギリギリでもなく、到着。
昼よりは少ないかなぁ。
早速、美人に声をかける。
近くで見るとお肌がつるつるつるつる…なんか光ってる。
お化粧してない風なのになんだこの輝きは!素晴らしい!
こんな人が主催してくれてるのだから、大丈夫だな。
たまちゃんいい人が周りに居て良かったなぁと思いました。
友人が随分、遅れてくる旨を伝えて、隣空けておくので、案内してくださいと
お願いする。すみません、お手間取らせて。

オープニングトークでは仲入後に大智さんが南京玉すだれを披露とのこと
「私も出来る」と出来るアピールをするたまちゃん、子供か。笑

大智さん寄合酒、これ聴いてハッキリわかりました。
私、寄合酒は大智さんのが好きです。
これ若手のみなさんよく高座にかけますが、大智さんのが好きです。
これからもがんばって〜

で、たいこ腹!わ〜これも好き〜マクラあたりで友人が到着。
落語の途中でなくて良かった…
づつな〜い、づつな〜い。って大の大人がアホですよね。笑
こういう他愛ないお噺、大好きです。
次は鰍沢。
これは前に聴いた時より丁寧に「和歌山出身」と「だ行」が「ざ行」になる方言を
説明&所々にちりばめてオチまで持って行きました。
わかりやすくなってて良かったです!
仲入後
南京玉すだれ、楽しいですね。こういうの途中で入ると、こう、お祭気分になる。
で、最後は千客万来!笑
来た!来ると思ってた!これで5ヶ月連続5回目です。笑
もう、ここまで来てもまだ桃は届きます。笑
ここはもう動かないですね。笑
真冬にも届くでしょう。笑
ちなみに「桃の花」は春の季語ですが「桃」は秋の季語だからいいんじゃね?笑
「特定多数に挑戦したのを聴いてもらいたかった」そうです。
何度聴いても楽しいので、これ、好きです。
良く出来てるし。
でも、どんどん声はガラガラになっていってました。笑
本当に気を付けて欲しいです。

しかし、どれもこれも好きなお噺ばかりで、私が一番楽しんだのでは?と思った松山独演会。
でもきっと全員がそんな気分で帰って行ったと思います。
思い出すだけでもあたたかい気分になる。
落語っていいなぁ。

あ、でも、ひとつだけ。
私も松山のみなさんにたまちゃんの出囃子を聴かせてあげたい!
ハメモノたっぷりの上方落語を聞いて欲しい!楽しいのに!
音源でもいいのでないのかなぁ長崎さわぎ。
あれ聴いただけでワクワクする気分、味わって欲しいなぁ。
…ん?今回だけなのかな、なかったの。笑
わかんない。

そして、受付の方々も皆さん素敵なお着物。
お客さんも着物姿の方が沢山いて華やかでした!
みんなが楽しみにしてるのが伝わってきて
なんだかいいなぁと思いました。
私も1日中落語が聴けて、しかも大好きなのばかりで
大満足でした!

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-04 22:33 | 落語

独演会

11月4日土 笑福亭たま愛媛松山独演会 於松山市民会館小ホール
昼の部
・オープニングトーク
・大智 子ほめ
・たま 掛け取り(松山バージョン)
・たま 近日息子
仲入
・仲入後トーク(怖いお話)
・たま 苫ヶ島

もう大阪からわざわざ行ってるなんて絶対気持ち悪いと思うので
主催の方は「是非、最前列で!」とメールくれてましたがそんなん無理です。
大阪でやる時にはそうします。(しませんが、観にくいので笑)
その土地の人がええ席(好きな席)選んでから、残りの端っこでいいんです。
お城、楽しんでいたら時間ぎりぎりでした。
よそから来て早くから最前列陣取るのもどうかと思いますが、
遅れるのはもっとどうかと思うのでぎりぎり間に合ってよかった!

オープニングトークでは初めて観光した、松山城で鎧を着たとの事。
私もさっき行ってきたので、記憶に新しい。あった、鎧。笑
絶対着いへんけど(おそらく臭いから笑)着るなら赤備えやな、とは思ってました。笑
写真撮るんなら上半身だけ着ればいいのに、足のヤツからがっつり着てる人が居て
男の人の「甲冑」に対する(意味不明の)熱い思いが伝わりましたが、たまちゃんも
そっち側の人でしたか。笑
あとから大智さんのインスタにその画像が載ってましたが、眼鏡に鎧って絶対弱い。笑
ツメが甘い模様です。笑

で、あとは怖いお話。これ、仲入後にも続く。

大智さん子ほめ、可愛い。
前にも書いたと思いますが基本的にハスキーボイスは苦手なのですが
大智さんだけは心地良いんですよね。不思議。

たまちゃん掛け取り。10月の微笑でネタおろしして、早速ですね!
松山バージョン、なるほど、いろいろ応用効くし、やはり皆さんとても喜んでる!
私にはわからないのもありましたが、お客さんの反応がとても素直でなんかこう
自分が汚れきってる気がしました、反省。笑
これもお気に入りなのでうれしい。
次は近日息子、久しぶりに聞くと思います。これも好きです。楽しいですよね〜
ただ、ん?と思う。ん?と思う時はあれです、たまちゃんの声がいつもと違う時。笑
え〜この前もあかんかったのやっと治ったなぁと思ってたのに…気を付けて頂きたい。
あの声がいいのに…

仲入の後のトークも怖いお話。
私は全く大丈夫なのですが、苦手な人はつらいかな、くらい怖かったですよ。
大智さんがそういうの見えるそうです。
私は全く見えませんし、感じません。零感です。笑
そして、夜中やお風呂で髪洗うときなどに思い出したりもしません。ええ性格です。

最後は苫ヶ島!
これも大好きなお噺なので、うれしい!
最初にざっくり「紀州」も付いて笑 たっぷりです。
チラシには2席とありましたが、3席たっぷりでした。
大満足です。
もちろん、他のみなさんもそうだと思います。
暖かい空気に包まれた相思相愛の仲睦まじい会でした〜夜の部もですが。
「楽しかった」「楽しかった」の声に紛れて、さて夜の部まで何しよう。

ごはんか。ということで大好きな鍋焼きうどん食べに行きました!
夜の部は友人と一緒ですが遅れるとの事。
で、わざわざ主催の方から連絡があり「昼の部では御挨拶できなかったので夜の部で
声をかけてください」と。ご丁寧にありがとうございます。
たくさんの着物美人が受付に居たので着物の柄、教えてもらえれば、もしくは
黒いお洋服ですか?と尋ねたら、洋服ですとの事でした。
おお!さっと観ただけですが「美しい!」と目をつけていた人でしたので、ラッキー!笑

夜の部につづく。

[PR]
# by yumyumyummie | 2017-11-04 22:22 | 落語